無農薬野菜、有機野菜、無農薬米、有機米、ポン煎餅、旬野菜の宅配・通販、有機栽培農家どじょうや | 広島県東広島市志和町

文字サイズの変更
標準
FAXでのご注文:082-401-2327お電話でのご注文:070-6690-4129

どじょポン煎ができるまで


まずは無農薬米の栽培

ポンせんの原料 無農薬米の苗

お米は苗づくりからはじまり、田植え、除草、除草、除草・・・秋にようやく収穫します。
1つ1つの作業をふりかえると、無農薬での栽培は草との戦いでとにかく手間がかかることなんだな~と実感します。やっているときはそれが当たり前のことなのであまり考えませんが。


草取り風景

手押しの草取り器(田車)。いまどきこれで草取りしているひとは近所じゃみかけません・・(笑)
押したり引いたりして草を浮かせたり、埋め込んだり

手押しの草取り器と草取り風景

雑草が大きくなってしまった時は「テデトール」を使います。

もっとも確実な除草法「テデトール」こと
「手でとる除草法」(笑)

草をしっかりとれますが、なんといっても大変で...腰も痛くなるので、なるべく、草が大きくなる前に田車でなんとかしたいところです。

手作業での草取り風景

無農薬米の収穫まで

そうして草取りの時期をすごし、夏が過ぎ、秋になると・・・

稲が黄色くいろづき、収穫の時期に。
途中鹿に食べられたり、草の勢いにおされたりしながら生き残ってくれたお米をありがたく収穫します。
どじょうやの基本は天日で干しで。
時間をかけて乾燥することで美味しくなります。

無農薬栽培の米・稲刈り

収穫した無農薬米をつかってポン煎餅に加工!

そうしてできた、どじょうやの真心こめた無農薬米を原料にポン煎餅をつくります!
(なかなか贅沢な煎餅です)

こちらがポン煎餅機の本体(仮設置所にて)
ポン煎餅機
こちらが型(米をいれて圧力をかける鍋みたいな役割)
ポン煎餅を入れる型
ここに米をいれて
ポン煎餅機の米を投入
本体にセット。レバーを下げて
ポン煎餅機に米をセット
加圧&加熱して~~。
圧を開放すると圧力差で米が膨らんで煎餅に!
ポン煎餅を加熱
こちらが試作中のポン煎餅(仮の写真)
焼きたてのポン煎餅

お米の精米度合、塩の種類、スパイス、ハーブ、あわせる穀物の種類、組み合わせ方次第でレパートリー豊富なポン煎餅!!


どじょポン煎餅のご購入

どじょポン煎餅でお茶
ご購入はこちら